「田中角栄」考
角栄流「生きガネ三原則」



 戦後最大の宰相と呼ばれ、人に慕われ、多くの人材を集めた 「昭和の藤吉郎」 田中角栄から、人心を “ワシづかみ” するテクニックを学ぶ。 キーワードはサプライズ( 驚き )だ。
参考文献『田中角栄-その巨善と巨悪』タイトルが毀誉褒貶相半ばする人生を暗示する

田中角栄元首相 プロフィール

1918年新潟県西山町生まれ。 33年尋常高等小学校高等科卒業。 土木工事で働く。 34年上京、土建会社に勤務しながら、学校で設計を学ぶ。 37年独立、共栄建築事務所設立。 39年~41年軍隊に入隊。 43年田中土建工業設立、社長就任。 46年初の衆議院への立候補をするも落選。

47年衆議院議員に初当選を果たす。 57年郵政大臣、当時39歳の最年少大臣。 62年大蔵大臣、71年通産大臣など要職を歴任。 72年第64代内閣総理大臣就任、 「列島改造計画」 を打ち上げ世の脚光を浴びる。 同年、懸案だった 「日中国交正常化」 を果たす。 74年総理辞任。

76年ロッキード疑獄事件で逮捕される。 以後、87年に田中派が消滅するまで、自民党内の最大派閥の領袖として権勢を振るう。 あだ名は 「闇将軍」。 89年政界引退。 93年死去。 田中眞紀子衆議院議員は長女。


田中角栄は長く日本の政治を牛耳った

カネさえあれば、何でも買える

  「カネさえあれば、何でも買える」 と、ある著名な経営者が発言したかどうか定かではないが、それがかすむぐらい、スケールの大きな男が、カネで日本の政治を支配していた。

 田中角栄( 元首相・故人 )は、金権政治と批判を浴びながら、自民党内に最大派閥 「木曜クラブ」 を結成、首相辞任後も 「闇将軍」 として長く政界を牛耳った。

権力を極めた角栄だったが、政治家としてはめずらしく小学校卒。 もちろん官僚出身でなければ2世議員でもない。 裸一貫で総理まで登りつめた人生を、農民から身を起こした豊臣秀吉にたとえ 「昭和の藤吉郎」 と呼ばれた。


キーワードは “サプライズ”

 当時の政界は2世議員・官僚出身者に有利だった。 ではなぜ、小学校卒の角栄が最大の権力を握ったのか?

 その答えが 「カネ」 だ。 角栄は大量のカネを集め、自らの権力を増大させた。 とはいえ、当時はどの議員もカネで政治を動かそうとしていた。 角栄はその中でも図抜けてカネ使いが巧みだったのだ。

 そのキーワードは “サプライズ( 驚き )” といえる。 角栄はカネを渡すという単純な所作に 「驚き」 を演出、没後も角栄とカネについて多くのエピソードが語られるほどだ。 その見事な使いっぷりは、一流のエンターテイナーも顔負けかもしれない。

 角栄流 「生きガネの使い方」 を、そのエピソードから学ぶ。

『田中角栄経済学-カネを活かして使う極意』生きガネを使え!

角栄流 「生きガネの使い方」 早く! 広く! 多く!

 角栄の政治がカネと密接だったのは間違いない。 だが、札束で頬を叩いても人は動かない。 幼いころからカネで苦労した体験が、カネを “生きガネ” に変える独自の金銭感覚を生み出した。 次のエピソードに角栄流 「生きガネの使い方」 の極意が凝縮されている。

 ある他派閥の議員( 他部署の平社員ぐらいの関係 )が、大病にかかり入院した。 その知らせを聞いた角栄は、真っ先に駆けつけ 「大丈夫か?少ないかもしれないが」 と言い、さりげなくカネがギッシリ詰まった封筒を渡し、サッとその場を後にした。 翌日、その議員が所属する派閥のボスが、おもむろに見舞い訪ね、見舞金を渡すと、角栄の渡した金額にはるか及ばなかった ―――。

 この手の逸話に事欠かない角栄だが、そのカネの出し方の原則は

   “カネは 「早く・広く・多く」 出せ!”

 というシンプルなもの。 バブル崩壊以降、 「お金は大事だよ~」 とばかりに、質素倹約が日本人の消費スタイルだったが、その逆を突く角栄流に成功のカギが隠されている。

 その3つの原則を紹介する。


『田中角栄の超人材育成術』カネは相手のポケットに押し込め!

原則1 「カネ渡しのヒット・アンド・ウェイ」

 タイム・イズ・マネー( 時は金なり )なのか、角栄のカネを出すスピードは目にも止まらぬものだった。 永田町でカネは “実弾” と呼ばれる。 角栄は秘書にカネが詰まった封筒で完全武装させ、自身のポケットには 「早撃ちガンマン」 のごとく一万円札を忍ばせていた。

 政治工作でカネが必要となれば、その場ですぐ秘書に封筒を出させ、料亭で芸者や下足持ちに一万円をサッと渡す。 カネを出すことをおもねることなく、ポンポンと小気味よくカネを差し出す。

 逆に、目の前に札束をチラつかされたら、どんな気分になるだろうか。 なんともいえない不快感だけが残る。 しかし、凡人はカネに未練を感じ、札束をチラつかせてしまう。 それこそ、札束で頬を叩くに等しい行為だ。

 角栄はよく、カネを渡したい相手に近づき、札の入った封筒を相手のポケットに押し込んだ。 相手に考えるヒマと不快感を与えず、目的を達してしまう。

 この技を 「カネ渡しのヒット・アンド・ウェイ」 と名付けたい。

 サプライズ1 「スピードで先制攻撃」
 カネを渡すという、料亭で対面しながら行なうべき儀式を、立ち話で相手のポケットにカネを押し込む 「スタンディング・スタイル」 と、ポケットに忍ばせた 「実弾( 現金 )」 をサッと渡すカジュアル化で、驚きを演出。


『真説 田中角栄-命懸けで政治を改革した男』敵か味方か分からなくてもカネを渡せ

原則2 「カネの無差別攻撃」

 角栄には他派閥のボスという政敵が多く存在した。 その中でも角栄が図抜けた存在になったのは、カネを “広く” 撒いたことにある。

 当時の政界は、自民党内部の派閥が合従連衡を繰り返し 「昨日の仲間が今日の敵」 という油断もスキもない世界。 基本的に派閥の “縦割り” でカネが流れる仕組みだったが、角栄は “他部署の平社員” にあたる若手議員にもカネをばら撒いた。

  『 できるだけたくさんの人間に渡せ。 やった金の半分はどこかへ消えてしまう。 誰かがポケットに入れてしまう。 無駄になる。 それでもいい。 残った金は生きた金になる。』  引用: 「田中角栄―その巨善と巨悪」 P159

  「昨日の仲間が今日の敵」 ならば 「昨日の敵が今日の味方」。 そう考えると 「ばら撒き」 に見える角栄の行動にも意味がある。 決して無駄ガネを浪費したのではなく、むしろ味方になる可能性のある人物に、カネが行き渡ったときのリターンに期待したのだ。

 微妙な利権争いに突入したとき、流れを左右するのは派閥外の 「中間派」 と言われる議員たち。 そこに果敢に実弾を投げ込んだ角栄は、それは無駄だと考えて切り捨てた他のボスと決定的な差を付けた。

 この技を 「カネの無差別攻撃」 と名付けよう。

 サプライズ2 「意表を突く攻撃ターゲット」

 貰えるか微妙なラインに立つ人に、無駄ガネになるのを恐れずカネを出す。 派閥の上下関係で、上から下へのカネの流れを敢えて断ち切り、派閥外にも積極果敢にカネを渡す。 貰えないと思っていた相手は、カネを渡された事実に驚く。


『田中角栄の人を動かすスピーチ術』5千円の “そば” ならインパクトがある

原則3 「実弾の絨毯じゅうたん爆撃」

 カネの多寡も重要なポイントだ。 子供ですら相場を超えるお年玉をくれる相手はしっかり覚えていたりする。 他の相場どおりのお年玉は、あまり覚えていないかもしれないが、 「太っ腹のおじちゃん」 「気前のいいおばさん」 は大人になっても忘れない。

 角栄はより多くカネを出すことにこだわった。

 選挙のとき公認候補に軍資金を渡す。 500万渡すとしたら、まず300万円にする。 普通ならこれが相場だった。

  『 ところが、田中は出ていこうとする議員を呼び止める。 「ちょっと待て。 キミのところの選挙区は厳しかったな」。 200万円を追加するのである。 』 引用: 「田中角栄―その巨善と巨悪」

 カネに苦労したこともある男が、何事もカネを多く出そうとする。

  『大蔵大臣のとき、予算編成で秘書課の女性たちが遅くまで残業になったときは 「帰りにそばでも食べなさい」 と言って4、5千円を渡した。 当時ならそば20杯は食べられる金額である。 』 引用: 「田中角栄―その巨善と巨悪」 P157

 現代でも 「そばを食え」 と5千円渡されたら、結構インパクトがある。 地味な役所の中で、この大盤振る舞いは、ひときわ相手の印象に焼き付く。 だから今でも語り草になっているのだろう。

 もし部下への愛情として 「そばを食え」 と実費相当額を渡しても記憶には残らないだろう。 むしろ “実費相当額” というのがケチ臭くて、逆効果になってしまうかもしれない。

 カネを出すなら、十分以上の額を投入して、相手を圧倒せよ。 この技を 「実弾の絨毯爆撃」 と名付けたい。

 サプライズ3 「物量で圧倒せよ」

 惰性でカネを出すな。 出すなら相場以上につぎ込め。 相場同等なら無意味、相場以下なら逆効果と心得よ。 ライバルが300万円なら、自分は500万円出して、金額で相手に強烈なインパクトを与えろ。


毎日にサプライズを

 いくつかのエピソードを通じて、カネを渡すという単純な所作を、一流のエンターテイメントに仕立てた “角栄流” の根底を探った。 そのキーワード 「サプライズ( 驚き )」 は、相手の予想以上のドラマ性を演出し、自分を相手に二度と忘れなくする仕掛けに満ちている。

 カネには色も香りも付かない、自分の名前を彫りこむわけにもいかない。 だが角栄にカネをもらった人間は、未だにその記憶を強烈なイメージとして今なお忘れない。 そのサプライズの技を日常生活に応用すると、飽き飽きしていた仕事や生活が大きく変化する。

[ 田中角栄の教訓:スピードで先制攻撃 ]
 重い場面こそカジュアルに演出せよ。 古い儀式を打ち破り、スピーディーに目的を果たせ。 相手に考えるスキを与えず、蝶のように舞い、蜂のように刺せ。 そのスピード感で相手を圧倒せよ。

 例えば、1時間かかっていた定型業務を、30分に短縮してみてはどうだろう。 それだけで、そつなく仕事をこなす普通の人が、過激なイノベーターに変身する。

[ 田中角栄の教訓:意表を突く攻撃ターゲット ]
当たり前の相手に、当たり前のことをしても、人心はワシづかみできない。 当たり前ではない相手にこそ、積極果敢に働きかけ、相手に驚きを与えろ。

 例えば、他部署の後輩の面倒を見てはどうだろうか。 後輩は感動して、今までは他部署のいち先輩に過ぎなかったが、それ以降メンター( 師匠 )に変身するかもしれない。

 [ 田中角栄の教訓:物量で圧倒せよ ]
 何事も相場以上を心がけよ。 相場同等なら誰も覚えていない、相場以下ならマイナスの印象だけが残る。 相場を超えたアクションを起こし相手を驚かせ、自分のイメージを焼き付けろ。

 例えば、今までコンスタントに営業目標を達成してきたが、集中して今までの1.5倍の結果を出してみよう。 一人だけ突出した成果を残した人間として上司の脳裏に焼き付く。

「100本のバラの花束をプレゼントする」 のもこのテクニックの1つ。 当たり前のことを当たり前にしないのが “角栄流” の真髄だ。

『戦後最大の宰相田中角栄』あの田原総一郎氏も角栄の実力を認めた

汚いカネもキレイに渡せ

 カネで政界を我がものにした角栄も、それが仇となり失脚することになる。 有名なロッキード事件が発覚、角栄が多額のワイロを受け取ったことが明らかになる。 なんとも皮肉なことだが、元は “汚い” カネだった。

 しかし、角栄はその汚いカネすら “キレイ” に渡した。 恩着せがましいところはなく、あっけらかんと 「 早く 広く 多く 」 カネを払った。 集金マシーンとして桁違いのカネを集めたが、配分マシーンとしてもカネが渡ることが少なかった無名議員にもカネを出した。 嫌味がないから、多くの人に親しまれた。

 もし角栄が他のライバルと同じ金額しか持っていなかったとしても、カネを生きガネに変えたのは角栄だったろう。 カネに泣き、カネに笑い。 政治家としてはめずらしく、実業家としても成功を収めた角栄は、カネ遣いの達人だったからだ。