「田中角栄」考

 



外務省の問題点は何か?

 綱紀弛緩もそうですがもっと重要なことは国益の観点からの外交が出来ていないことが多すぎることです。 国益よりも自分乃至ないしは仲間内の利益を優先したり外国の利益を優先している事です。

 戦前の最大の罪は、真珠湾攻撃の宣戦布告文の翻訳、手交が指定時間より遅れ日本は卑劣な国と末代までもレッテルを貼られる原因を作り且つ責任者の処罰をしないどころか戦後責任者のうち2人までも外務次官に出世させたという無責任体質である。

現代で言うならば
1. 竹島をめぐる韓国との紛争に置ける弱腰。
2. 中国による尖閣諸島の不法占拠に対する無方策。
( これに関しては誰だか忘れましたが某代議士が上陸して国旗を掲揚したことに対して政府がケシカランとこの代議士を非難したと言うからあきれる )
3. 昭和57年、62年と2度にわたり朝日新聞の煽動記事により中国、韓国からの非難を受け教科書検定に中・韓の要求を飲み込ませた。
平成5年韓国の元慰安婦の訴えを鵜呑みにして( 勿論朝日が大々的な煽動報道をし韓国が大騒ぎしたので )当時の 河野官房長官 に従軍慰安婦の軍・官による強制連行を公式に認める発言をさせてしまった。 直後に石原副長官が軍・官による強制連行の証拠文書は発見出来なかったと発表した( 現在に至るも発見されず )が後の祭。 その結果中学の教科書にこんなバカバカしい話が載るようになった。
4. 台湾の李登輝元総統の来日希望を数度に亘り拒否し世界から日本はなんと主体性が無いのかと顰蹙ひんしゅくを買った。
( これも一番最近は森首相の英断で始めて実現、しかし実現するまでの外務省のごたごたは全く恥ずかしいことだらけ )
5. 北方領土問題で2島先行返還議論と言う間違ったシグナルを出した。
6. 日本の排他的経済水域内( EEZ ) に中国が無断で艦船を通行しているのを放置していたこと、それに気づいた自民党議員のクレームでやっと外務省が中国と交渉して事前通報はさせることになったがエアガン、ボーリング調査など( 国連海洋法条約でこの種のことは沿岸国、この場合日本の同意が必要且つ相手方船舶への乗船や報告書を提出させる権利を日本が持つ )やりたい放題の放任。
7. 海外において日本人、日本企業の利益を守ってくれない。
例えば、三菱自動車セクハラ訴訟事件、東芝機械事件、東芝パソコン訴訟事件、カリフォルニア州における戦時中の日本企業の強制労働訴訟事件などなどに現地の大使館、領事館等が誤解であることや法的に決着済みであるとかの意見を一流紙に投稿するとか意見広告を出すとかの企業側弁護の応援を全くしていない。
全て企業側の責任でやらせている。 日本以外だったら現地大使館、領事館が真っ先に立って活動するのが常識。
これらの件に関して何故動かないかとの質問に一様に民間のことには関わらないのが方針だと言ったそうだから全く外務省、大使館の役割を何だと思っているのかといいたい。
最近の例では悪名高いアイリス・チャンなるいかがわしい中国系米人女性が書いた南京虐殺事件に関する 「ザ レイプ オブ ナンキン」 がベストセラーになってその余りにもでたらめで日本を不当に卑しめる内容に堪り兼ねた、確か柳井大使( この人は外務省には珍しい硬骨漢らしい )だったかと思うのですがその著者とのTVでの公開討論会をやらせてくれと本省にお伺いをたてたら絶対やってはならじと厳命されたと言うから本当に外務省には国益と言う文字が無いのかと言いたい。
もっと驚くべきことは正確な地名。 国名は忘れてしまったが中央アジアの年中テロが発生しているとこから外交官の命が危険なので領事館を閉鎖することにしたので民間人が被害を受けても知らないよと言うことにしたと言うニュースを読んで愕然とした。
これなぞ機密費問題で暴露された大使館員が 現地で法外な高手当てを貰い王侯貴族のような生活を送っている と言う批判もむべなるかな。 そう言う生活が出来ないところには行きたくないと言う公務員の義務を忘れた許し難きこと。
8. 北朝鮮との間にはテポドン問題、日本人拉致問題等、明白な敵対政策、行動があるにも拘らず人道的処置と称して米支援を何度と無く繰り返し、感謝もされず問題は何も解決していない。 こんな馬鹿げた話は無い( 河野外相時代 )。 挙句の果てにはつい最近の金 正日の子供が不法入国した際には絶好の取引チャンスであるにも拘らずみすみすそっと返してしまった。 尤も最後の件は田中眞紀子ですが。
9. 日本が領土権を主張してる北方四島水域でロシアが韓国にサンマ漁を認め、ロシアは勿論韓国にもクレームを云っても鼻であしらわれると言う頭にくる話はご存知と思いますが、今度は隣接する日本の経済水域で操業することを交換条件に韓国に北方水域での操業を止めてくれと交渉して居ると言う報道がありました。
なんと云う情けない態度だと思いませんか。 そもそもこんな提案をすれば恰も日本の領土権主張を無視した形の 「韓・露漁業協定」 を事実上追認することになりロシアとの交渉に非常に不利になることは明らか。
隣接水域で操業している韓国漁船が問題の北方水域に入り込まない保証は無いし、例え入り込んでも実際上阻止する力は日本には無い。
徒に韓国をほくそえませるだけです。
今回の決定に田中眞紀子がかんでいるかどうかは分かりませんが父親が関わった北方領土交渉には拘りを見せているが一方韓国のご機嫌はとりたいらしい彼女はどう判断するんですかね。
本来こう云う重要方針こそ政治主導で断固撤回させるべきものですよね。
10. 12月15日報道より
10月の日韓首脳会談にあたって外務省アジア大洋州局が作成した想定問答集の中で話題になった扶桑社歴史教科書の採択率が低かったことについて 『日本人の良心の表れで、肯定的に評価する』 と首相に発言させようとした。
つまり日本の内政問題に干渉して採択阻止を要求した韓国側の主張を、そのまま追認する内容。
また、靖国神社参拝問題についても首相の意向を確認しないまま 『来年の靖国神社参拝は慎重に対応したい』 と記述、来年度以降の首相の靖国参拝を牽制。
小泉首相は当然激怒しこの通りの発言はしないと不快感を表明。
10月15日の金大統領との首脳会談では 「日本の教科書は国定ではない」 と説明。
これが小泉、森以外の首相だったら外務省の言いなりになってまたまた世界に恥をさらしたことだろう。
 などなどきりがありません。

 一言で言えば事勿れ主義で問題を出来るだけ小さくしようとする態度。 その結果中国、韓国の言いなりになることを外交目的にしているとしか言いようがない。 別な言い方をすると真の友好関係とは自分の主張( 外務省に果たしてあるか疑わしいが )を押さえて相手の気にいるようにする事だと勘違いしているとしか思えない。

 全く国益を忘れた行動だと思います。

 中・韓はひたすら日本が卑屈な態度を取り続けているので頭に乗っているだけだ。 日本が毅然とした態度を取れば一時的には険悪な関係になるであろうが基本的には日本との友好関係から得るメリットが大きい中・韓のほうが折れて普通の国の関係になると思う。

 即ち真の友好とは歴史観や主張の違いを認識しあった上で合理的な関係( ベッタリでもなく卑屈でもない冷静な関係 )を保つことだと思う。

 従って外務大臣に求められることは国益に則った外交の基本方針を自ら出すことであり、それが出来なくとも事務方からの方針案を鵜呑みにするのでなく、国益の観点からそれを見直し必要な場合変更させることです。 ( 彼女も就任時に国益と言う言葉を発したが全く分かっていない )


それでは、田中眞紀子はどうか?

1. 就任早々まず教科書問題で読んでもいないのに朝日の報道を鵜呑みにして事実を捻じ曲げている教科書が有ると発言したり、そんな教科書を検定通過させるのはケシカランと発言した。 これは中国・韓国の気に入る教科書をつくれという全く国辱的な発言。
2. 次ぎは中国外相との電話会談で李登輝の再来日はさせないと発言。 政府方針に対する明白な違反。
3. ブッシュ大統領の親書提出とアメリカのミサイル防衛政策の説明と言う極めて重要な用件で来日したアーミテ-ジ国務副長官に対するドタキャンと言うおおよそ外交儀礼上考えられない行為。 おまけにその理由の説明が二転三転というだらしなさ。
4. ドイツ、イタリア外相との会談における米ミサイル構想の批判。
5. そのドイツ外相会談で日米安保で日本は保護されていたがイージーであった。 今やターニングポイントであると発言。
6. オーストラリア外相会談ではミサイル防衛計画について更に批判を強めブッシュの地元テキサスの石油業界との関係まで示唆した。
7. 上記問題点5番の中国船舶の傍若無人な行動に対する放置を国会で糾弾されると排他的経済水域内で資源探査をしていけないと言う国際法は無いと答弁。
( 実際は前述の通り国連海洋法条約で沿岸国の国益が守られている )
8. またまたやってくれました。
昨日( H13.7.24 )、今日のニュースで田中眞紀子外相と中国外相との会談で中国外相から 「小泉首相の靖国参拝を止めさせてくれ、さもないと友好関係が損なわれる、国益とは何かを考えなさい」 と外交の常識上考えられない失礼極まりない恫喝を受けた彼女の答えが 「はい、首相に伝えます」 だと報道されました。
こう言うのは子供の使いと言うんではないんですかね。
首相があれほどはっきりといかなる反対があろうとも参拝すると言明している以上首相になりかわってその理由、首相の言っている理由に加えて、そもそも 「死ねば悪人、善人、敵、味方なく皆神になり敬う」 と言うのが日本の文化であり中国や韓国の文化とは違う んだと言うことを説明、説得するのが彼女の役目のはず。
今回の彼女の発言の問題は2点あります。
この発言は( まさか彼女が子供の使いとは思ってない普通の人間には )言外に自分は首相の考えとは違うと言うことを表明していることになる訳ですが、
第一点:閣内不一致を公式の席で暴露した。 対外的立場を弱くし国益を損なう。
第二点:首相に対してこの上なく失礼。
これだけ見ても外相失格ですね。
この件に関してはマスコミもだらしがない。
該外相が日本の記者団を前にしたテレビ会見でこれはハッキリとしかも得意満面の顔で 「……を止めなさいとゲンメイしました。 」 と言う発言のことです。
日本語の堪能な該外相の 「言明」 とも 「厳命」 ともとれる実に巧妙な言いまわし、しかし態度、顔つきから言えば明らかに厳命。 それを記者たちは何も質問もせず言明と報道する情けなさ。
中国の無礼さは今に始まったことでは無いが一番酷いのは数年前当時の李鵬首相がオーストラリア首相との公式会談の席上で 「日本なんていう国は20年以内に消えて無くなるだろう」 と発言したこと。
日本国外務省の無反応は勿論マスコミもほとんど取り上げないと言う鈍感さにはあきれるばかり。
今回の問題はこの延長上にあるとしか言いようが無い。

 切りが無いのでこのへんにしますが、

 1項,2項,7項は中国に対するゴマスリ。 おまけに叱責したはずの部下の方針と結果的に同じと言う皮肉!!

 3項,4項,5項,6項は日本の最重要国策の一つである日米安保を否定するのかと言う疑念をアメリカに抱かせる危険がある。

 外務省の主体性の無さは中・韓に対してのみならずアメリカに対してもそうであるから不満ではあるが憲法9条を金科玉条にして、朝日的価値観に毒されて金は出すが血を出すのはイヤだと国際的には全く軽蔑される行動をとって来た日本 がアメリカに強いことを言えなかったのはやむを得なかったことではある。

 眞紀子外相の5項の発言は一見カッコイイですが彼女の発想に憲法9条改正が有ると思えない。

 何故なら種々の発言、行動から見て彼女もまた朝日的、日教組的洗脳を受けているとしか思えないから。

 また憲法9条を改正して普通の国になったとしても現在の世界情勢の中では日米安保( 勿論今とは違う )体制が日本の国益にかなうと思うが、その上でアメリカに対してもっとはっきり主張すべきと思う。

 3項,4項,5項,6項などに関して誰か文句を言ったのかと言う発言がありましたがどこかの国のように幼稚な国ならいざ知らずあからさまな発言はしないと言うのが大人の外交ではないでしょうか。

 アメリカの不快感は眞紀子外相の訪米日時が一月くらい全く音沙汰なく彼女をヤキモキさせたことで十分表明されたと思うよ。

 以上で彼女が世に言われているように嫌米親中であることは明白ですね。

 従って海外における日本人と日本企業の利益の保護に関し彼女がどう対処するかは分からないが 「ザ レイプ オブ ナンキン」 に関してだけははっきりしていると思う。 朝日的歴史観にどっぷり漬かった彼女はあらゆる証拠が否定している30万人以上の虐殺と言う如何に白髪三千丈の国、中国とはいえ許しがたいウソを中国や朝日が主張しているから正しいと信じているであろうから。

 次ぎに彼女の省内における態度の問題。

 就任草々部下たちを前にして人間は家族、使用人、敵の3種類に分けられると言ったそうだがさもありなん。
 国会中継を見ていても部下たちを指示するあの態度は将に使用人に対する態度。
 おまけに部下に対する叱責を大勢の前であたかも見せしめのようにやるあの態度。
 サラリーマンの世界でも部下を叱る時はこっそりと、誉める時はおおっぴらにやれと言うのは常識ですよね。

 それをあのようなやり方をしたらTVで見ている大衆には受けても全ての部下を敵にまわすことになりますよね。
 従って彼女には必要な情報も入らなくなったでしょう。

 小泉首相が嘗て郵政大臣の時持論の郵政民営化を主張して以来在任中大臣室には書類は一切来ず、部下も来ず、退屈なので読書と音楽鑑賞三昧だったそうだ。
 何故かと詰問すると無いから持って来ないのです、有れば勿論持ってきますと言ったとか。
 役人の典型的な面従腹背ですね。 外務省の役人はもっと巧妙でしょう。
 情報なしではいかに優秀な大臣でも仕事は出来ないですよね。 いわんやその資質も無い彼女では!

 もうこれ以上やるとくどくなりすぎるので止めますが 部下から情報が貰えない嫌米親中の外務大臣が日本国に存在することは日本の安全にとって最悪の事態 とは思いませんか?

 以下は最近( 9月、10月、11月、12月 )の報道による眞紀子の行状を追加したものです。

9. 同時多発テロに際しアメリカ国務省が全体として緊急避難し臨時国務省が出来たが機密と指定されていた( されなくとも当たり前 )避難先をテレビインタビューで得意げにべらべらしゃべってしまった。 当然アメリカ国務省は今後の機密漏洩の可能性も含めて重大な懸念を表明。
10. 自衛隊派遣や緊急経済支援・避難民支援などの申し入れに関し野上事務次官からのパキスタン行きの打診に対し 「そんなキタナイとこなんか行きたくない。 これは小泉、福田のワナね、私は行かない」 と答えた事が発覚すると、 「女だと駄目だと」 野上次官に言われたと嘘をつき次官が激怒したと知ると、 「国会の開会式にはいなければならないと言われたので」 とまたまた情けない釈明。
これで終わりかと思ったら本日( 11月6日 )の新聞報道によると昨日開かれた眞紀子の私的懇談会で 「私は行きたかったが、周りが止めた。 命が惜しいと思ったことは一度もない」 だって!!
11. 就任以来何度あったか知らないが( 多分相当あった筈 )首相も出席する国賓を迎えての歓迎晩餐会を全て欠席。 理由を迫られると 「私は主婦だから夜の日程は入れないで」 と言ったとか。
そのくせ宮中晩餐会は出席だって!!
12. イラン・ハラジ外相との会談を目前に控えながら国会から官房長にプール金問題の報告書を早く提出せよ、さもなくば会談はキャンセルと指示。 結局会談時間に30分( 40分と言う説も有る )も遅刻し謝罪もせず、後で 「先方も出発が遅れたんだからいいでしょう」 とは!!
後の記者会見では理由がまたまた変わって 「国連総会のスピーチの準備で遅れた」 !!
両方とも全く理由にならないね。
13. 指輪を無くし大騒ぎしたことも上記の遅れの原因の一つ。 おまけに秘書官に 「あなたが盗んだのね、自分で買って来なさい」 と命令。
当然秘書官は辞意を表明( 訴訟でも起こした方が良いんじゃないかと思うが )。 どうなったかな?
14. 園遊会に自分の後援会関係の人間を呼ばなかったのはケシカランと人事課長のクビを宣告、人事課の部屋に篭城!
おまけにこの問題が決着するまで100人ぐらいの他の人事案件も凍結宣言。
15. パキスタン行きは拒否したが首相の訪米にはついて行きたいとか、G8外相会議・国連総会には出席したいと言ったが前者は官邸、後者は与党3党から拒否。
何を言い出すか分からない彼女の出席は危険だからと言う判断は正しいと思うが少なくとも後者は外相が出席しない事は国益に反する。
つまり彼女が外相である事が国益に反する。
16. 本日の報道( 11月15日 )
会談時間に遅延したイラン外相との会談で眞紀子は 「国会で 『ラマダン中も空爆が行われればイスラム世界に反米感情が広がる恐れがあり、米国に中止の働きかけをすべきだ』 との議論があった」 と指摘、空爆中止を求める事につき見解を聞いた。 答えは当然予想通りだが彼女は日本政府の方針・立場( 空爆への賛同 )には全く言及せず、空爆中止のみを話題にした。
政府筋は 「本来外相は国際社会行動に理解と協調を求めるべきなのに反対の発言でイランに誤ったシグナルを送った可能性がある」 と指摘。
この会談に限らず彼女はしばしばこの種の発言をしているので危なくてニューヨークのG8外相会議に出せなかったと言うのが真相だそうだ。
政府方針と異なる意見を持つなら外相を辞任すべきだよな。
17. 本日の報道( 産経 12月4日 )
イランの世界最大のガス田サウス・パルス海上ガス田開発をめぐり三井物産との随意契約に前向きだったイラン政府が最近突然態度を硬化させ、国際競争入札を言い出したそうです。
外務省は不可解と言ってるがこの背景はパキスタンに対する援助ばかりが目立つことに対する不快感に加えて12項で述べたイラン外相との会見遅延及びその際イラン訪問を重ねて招請したにもかかわらず 「国会があり難しい」 と一蹴したこと、イラン側が期待していた経済支援について一言も触れなかったことなどが原因だろうと言う推測記事。
18. 本日の報道( 産経 12月4日 )
11月1日のアジズ・パキスタン財務省( 大統領特使 )との会談でインド・パキスタン間のカシミール紛争についてパキスタンを支持すると表明していたことが昨3日判明したが明白な政府方針( 同紛争には不介入、中立の立場 )違反。
このままではインドとの関係を悪化させる危険性があるので11月下旬のパキスタン訪問で発言を修正したがこのことが訪問の重要目的だったそうだ。
10項で述べたパキスタン訪問を拒否した挙句の時機を逸した訪問は無意味と思っていたが納得。
政府筋はパキスタンがアフガン問題で国際社会への協力姿勢をとっている事への支持とカシミール紛争とを混同したのではと述べているそうだがそうだとすれば不勉強この上ないが推測は彼女の言動から考えると前後の見境もなくその時、一瞬毎に自分をカッコ良く見せる結果相手に阿ることになったのだと思う。
女性差別と批判は承知ですが、女が前後の見境もなく思いついたことをすぐ言ってしまうことは日常生活でもいやと言うほど思い知らされて居ませんか?!